';
side-area-logo

太陽光発電温室紹介

太陽光発電温室紹介

一、太陽光発電温室紹介

 

太陽光発電温室は太陽光発電、智能サーモスタット、現代高科技農業を一体化したグリーンハウスである。鉄骨製のグリーンハウスにソーラーパネルを架設し、太陽光発電と農作物の照明を同時に出来る。ソーラーパネルが発電した電力は農作物の灌漑、夜の照明、夏と冬の室温調整の効能があり、作物の急速成長を実現された。

二、太陽光発電温室の優勢

太陽光発電温室はソーラーパネル新の応用である。普通の大規模太陽光発電所より、有利点が多くあり。

1.効果的に人と土の矛盾を緩和し、持続可能な社会経済開発を促進

太陽光発電温室のソーラーパネルはグリーンハウスの上である、地面は使わない、もっと効率的に土地を利用されている。そして、発電された電力はその場で使われ、第二第三産業と第一産業の組み合わせを推進することができ、農民の収入は遥かに増加された。

2.異なる作物の生育に適した環境を作成するための柔軟性

ソーラーパネルの枚数を調整して、異なる作物の照明要求を満足させることができる。農作物、装飾用植物、反季節作物など同時に実現することが可能になる。

3.農業電力のニーズを満足させる以上、発電利益も出る。

ソーラーパネルの発電は室温のコントロール、灌漑、照明などグリーンハウス自身の電力使用を満足させる以上に、更に電力会社に電力を売り、利益を高まることができる。

 

三、太陽光発電温室の作物

  1.価額が高い作物

太陽光発電温室は有機野菜、キノコ、草薬などの施設生産をでき、土地と農産品の付加価値が高い。

 2.観覧農業

有効的の現代化管理農業は旅行項目の開発することができる。

四、構造

太陽光発電温室は一体化の鉄骨製温室にソーラーパネルと強化ガラスを架設したものである。

ソーラーパネルは多結晶モジュール、単結晶モジュールを使いえる。普通のグリーンハウスより値段が高いが、普通のグリーンハウスンの一年だけの寿命より25年間使いえる。

 

五、発電

  1.発電量

一般的には太陽光発電温室の面積は60m*8.5m、ソーラーパネルは60KW、山東省の太陽光資源では、年1274時間ぐらい、20MKを例にして、年平準発電量は2548万KW、25年間では63700万KW。

 2.電値段と支援金

6MW以下の小規模は自分を使いえきれない分だけ売り、0.42元/Wの支援金である。6MW以上は税込み1.2元/Wである、更に国家一体化太陽光建設支援金を申込することができる。農業もグリーンハウス農業支援金がある。

六、結論

 以上の通り、太陽光発電温室は新の土地の総合利用である、現代化農業とクリーンエネルギーの組合。土地の有効的の立体化利用を実現することができた。

Comments