';
side-area-logo

GreenT 未来への夢

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

その角を曲がれば夢が見えます。
原発に頼らない、化石燃料にも頼らないクリーンで安全な地産地消の世界の実現です。

山梨県の北杜市を例に挙げます。
北杜市の世帯数は約20,000世帯です。
一世帯が消費する電力は3KWと言われていますが、山梨県はその消費電力を2割減らそうと努力しています。しかしGreenTは、皆が工夫すれば、電力は2割どころか約3割減の2KWまで落とせると考えています。
その一つが電気を熱に変えないことです。暖をとるなら、太陽光発電で太陽光→電気→熱と変換するのではなく、太陽光→熱と直接変換できる太陽熱システムを使いましょう。太陽熱温水器はその一つです。ソーラーパネルとソーラー温水器をミックスしたり、冷蔵庫を小さくしたり、冷蔵庫をより低温の場所に置くなどすると、一世帯の使用電力は2KWが実現できるのです。
2KWを消費する世帯数が2万あるわけですので、北杜市の全世帯の消費電力は4万KWです。
つまり40メガワットで北杜市の家庭電力は賄われるのです。北杜市の半分の家庭がソーラー化し、1メガの中小発電所が20ヶ所あれば、供給できるのです。&

集落の電気は、子供が触っても安心な24Vや36Vの低電圧で結ばれ、電線は地下を通ります。
そしてその電気はやがてやってくる発送電分離政策によって既存の電線を通って集落と集落を結びます。農村は無料の電気を使って農業の電化を実現します。そこには排ガスやうっとおしい電線はありません。美しく静かで豊かな農村が戻ってくるのです。
クリーンで美しく安全で豊かな地産地消のエネルギー社会が実現します。

 

GreenT株はGreentec,Greenishと協力しあいながら事業を進めていますが、今回はその中の株Greenishの事をご紹介します。
Greenishは1974年の4月に設立されましたので、今期で47周年を迎えます。おそらく日本では初めてのフェアートレーディングの会社です。世界的に見ても屈指の歴史を持っていると思います。
Greenishブラントのケニア紅茶は英国国教教会アングリカンチャーチ 東京聖三一教会所属のアルディナウぺポ(大地と風)の協力で販売され、Greenish ブランドのファッションは日本の服飾デザイナー小栗壮介やイタリアのフランコフェラーロを始め世界中のクリエーターの協力のもとに販売されました。
現在もソーラーをはじめとする自然再生エネルギーの普及や、耕作放棄地の復耕を手がけることで、社会に貢献しています。

 

ソーラーベストミックスハウス

返済の心配がない夢の家 GreenTは、太陽の光と熱に愛される家をデザインしました。 ソーラー発電の売上でローン返済の心配がありません。 3fn3f3f3f3f81_3f5b3f3f3f5b3fn3fe3fxfi20nishpsd

パラダイス老後プラン

レイアウト