';
side-area-logo

スーパーフード モリンガ

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

 

チョコレートや発芽玄米などのCMで耳にするアミノ酸の「GABA(ギャバ)」。

リラックス作用が注目されていますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか? GABAは現代人に欠かせない物質と言われているだけに、きちんと知っておきたいですよね。

そこで今回は、GABAの効果や気になる摂取量や副作用についてご紹介します。まずは、そもそもGABAがどのようなアミノ酸なのかを解説します。

 

GABAは脳の興奮を鎮める神経伝達物質

GABA(ギャバ)とは天然アミノ酸の一種で、人間や動物の脳や脊髄などの中枢神経に多く存在しています。γーアミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して「GABA」と呼んでいるのです。

GABAはドーパミンやグルタミン酸などと同じ神経伝達物質ですが、ドーパミンやグルタミン酸が脳に興奮をもたらす神経伝達物質であるのに対して、GABAはそれらの過剰な分泌を抑えて神経を落ち着かせる働きをします。

脳はこうした「興奮性」と「抑制性」の相反する神経伝達物質がうまく働くことでバランスが保たれています。

ところが、ストレスの多い現代社会ではGABAの消費量が増えてしまい、体内で作られるGABAの量だけでは不足がちになってしまいます

GABAが不足すると精神的な緊張状態が続き、イライラやうつなどの原因のひとつになります。そのため、食品から積極的にGABAを摂取しようという傾向が高まっているのです。

現代人にうれしいGABAの効果5つ!

最近はGABAの研究が進み、さまざまな効果があることがわかってきました。そのうち最も注目したい効果を5つピックアップしてご説明します

効果1 抗ストレス作用

GABAは興奮や神経の高ぶりを抑えて緊張状態を緩和して、ストレスを軽減する働きが確認されています。

また、脳内で抑制系の神経伝達物質として作用し、リラックスした状態をもたらす役割があるため、癒し効果が高いといわれています。

その他、疲労に着目したGABAの実験では、ストレス改善とともに疲労感の軽減と作業効率の向上に効果があることも報告されています。

効果2 不眠解消

就寝時にドーパミンやグルタミン酸が活発な状態だと神経が高ぶって、なかなか眠りにつくことができません。

GABAはこれらの興奮性神経伝達物質の活動を抑えて眠りに入りやすい状態をつくるとともに、体の深部の体温を下げて快眠を促してくれます。寝る前の1時間~30分前にGABAを摂ると効果的です。

効果3 血圧を下げる

GABAは体内で血液に吸収されると、血圧を上げる要因であるノルアドレナリンの分泌を抑えます。

また、腎臓の働きを活発にして塩分を排出し、血圧の上昇を妨げる効果もあります。さらにうれしいことに、GABAは高血圧に対してだけ血圧降下作用を起こすのです。

効果4 コレステロールや中性脂肪を抑える

GABAは腎臓や肝臓など内臓の働きを活発にして、血液中のコレステロールや中性脂肪を調整する働きがあります。

また、成長ホルモンの分泌を促進して脂肪の代謝を活発にすることも中性脂肪を抑える要因となっています。

効果5 脳細胞の活性化

GABAは脳内の血流を活発にする働きがあり、脳への酸素量を増やしてくれます。そのため脳細胞の代謝機能が上がり、活性化されます。

また、記憶力や学習能力の向上、アルツハイマー病の予防や改善、脳障害による後遺症の改善などにも効果があるという報告もあります。

 

さて、そんなGABAがお手軽に摂取できるのはインド原産のモリンガというハーブです!

このモリンガには、ギャバ含有率が発芽玄米の30倍!!!

 


モリンガには様々な効能があり、 
①神経伝達作用
②血圧上昇抑制作用
③精神安定作用
④腎・肝機能活性化作用
⑤抗がん作用
⑥アルコール代謝促進作用
⑦消臭効果作用
⑧肥満防止作用
⑨更年期障害防止作用
その他、生理作用が多岐に渡り報告されています。

 

スーパーフードとして日本でも注目されているモリンガですが、この度インドの会社と提携し、日本でも栽培を始めました。

近年は栄養バランスのとれた食事の摂取が困難な時代だと言われて久しいのですが、あなたご自身を含め、あなたの家族、周りの方々はいかがでしょうか?

その様な厳しい食環境の中でこそ、簡単、手軽に優れた栄養成分を摂取できるモリンガの自然力をあなたの毎日の美容&健康、体調全般の維持、管理にお役立て下さい。

※モリンガはハーブのひとつで、薬と違って作り出される化学物質ではありません。自然なものですが、人によって副作用が発生する可能性もあるため、用法・用量を守って摂取するようにしましょう。

また妊婦している方や授乳中の摂取は、必ず医師や専門医と相談するようにしてください。