';
side-area-logo

土木事業

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

レーザービームやドローンをつかった

土木測量と最新ソフトで

斜面を災害から守ります。

 
古い殻を破る
長年斜面と取り組んできましたが、GreenTはその経験を売り物にしようとは思っていません。
GreenTの誇るものは古い経験の殻を打ち破る新しい発想と技術です。
GreenTはレーザービーム、ドローンなどのニューハードウェアーと正確な計算のニューソフトウェアーです。
 
 
航空レーザー測量
航空レーザ測量とは、航空機に搭載したレーザスキャナから地上にレーザ光を照射し、地上から反射するレーザ光との時間差より得られる地上までの距離と、GNSS測量機、IMU(慣性計測装置)から得られる航空機の位置情報より、地上の標高や地形の形状を調べる測量方法です。
 
ドローン測量
3次元点群データやオルソ画像を取得することで、現地の様子を正確に把握することができ、工事現場などにおける判断の迅速化や施工の効率化を実現し、工期短縮とコスト削減そして安全強化を目指すことがドローン測量の狙いです。
 
 
レーザービーム測量
シャープな赤外線レーザービームと高速スキャニングメカニズムを駆使して、高速での非接触データ収集を可能にします。
高精度のレーザー距離測定は、独自のエコーデジタル処理とオンライン波形分析に基づいており、これによって不都合な大気条件下でも優れた測定能力を発揮し、マルチターゲットエコーの測定も可能になっています。ラインスキャニングメカニズムは高速回転の多面ポリゴンミラーによって行われ、完全にリニアーで、一方向のパラレルスキャンラインが実現されます。