';
side-area-logo

LAS余剰買取システム 買取価格33円

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

CO2の削減で世界から遅れを取ってしまった日本にとってソーラー発電の重要さは益々増しています。自給率4%しかない日本のエネルギー自給率を向上させるため、バイオマス、風力、小水力、地熱が発電事業に参入してきましたが、いずれも山積する問題を抱えて苦戦しています。

マスコミも「やはり太陽光」の論調に戻って来ました。今まで否定されていた農地でのソーラー発電も積極的に推奨されるようになりました。

そこでGreenT株は農業のIOT化と電化を組み合わせて、33%の利回り、3年で投資資金を回収するシステムを発表いたします。