';
side-area-logo

電気柵(農業支援)

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

獣害対策には電気柵が効果的

獣害対策にはGreenTグループ、GC&C株式会社の電気柵が効果的です。最適な電気柵を選びましょう!

denkisaku


 

GC&Cの電気柵シリーズは、太陽光発電のシステムインテグレーター「GC&C株式会社」が発信する電気柵ブランドで、雷小僧、稲妻、雷親父、雷電と雷神で日本の農業を強固に守ります。電線のある場所では電力会社の交流(AC)電源を直流(DC)電源に変換し、電線の無い中山間地域ではバイクや自動車のバッテリーに小型ソーラーパネルを組み合わせて直流電気で作動します。さらに独自のフェンスシステムであるD-fenceを組み合わせることにより、まさに世界最強の電気柵システムとなります。日本の知恵とオーストラリアの経験が手を結び合ったそのシステムは、まさにエコロジーはエコノミー。人と動物の共存を実現しつつ、経済的で未来志向的に農業を守ります。

GC&Cの電気柵シリーズは、太陽光発電(ソーラー発電)のシステムインテグレーター「GC&C株式会社」が発信する電気柵ブランドで、雷小僧、稲妻、雷親父、雷電と雷神で日本の農業を強固に守ります。 電線のある所には電力会社の交流(AC)電源を直流(DC)電源に変換し、電線のない中山間地域ではバイクや自動車のバッテリーにソーラーを組み合わせることでの直流電気で作動します。 さらに、独特なフェンスシステムのD-fenceを組み合わせることにより、まさに世界最強の電気柵システムとなります。 日本の知恵とオーストラリアの経験が手を結び合ったそのシステムは、まさに「エコロジーはエコノミー、人と動物の共存が実現する」。経済的で未来志向的に農業を守ります。


電気柵の設置例と作動原理

denkisaku


上図のように、対象のエリアを支柱(ポール)と通電ポリワイヤーで囲みます。発電機の+極を通電ポリワイヤーに、ー極を地面に接続することで、動物の足とポリワイヤー間に流れる電気でショックを与える構造になっています。電気は専用バッテリーからの最大12ボルトを用いています。懐中電灯並みの電圧なので人体への危険性はありません。しかしそこから加圧される電力は8,000〜10,000ボルト近くに達し、そのショックで動物の侵入 を阻みます。


世界で活躍するGC&Cの電気柵は、国際的にはその動物の行動学をを知り尽くした設置方法からD-fenceと呼ばれて愛用されています。ハクビシンの例を見てみましょう。ハクビシンは体重3キログラムほどで、立ち上がると80cm位の背丈になりますが、1メートルものフェンスを跳び越したり、地中を掘り進んで進入することはないので、電気柵の高さは1メートルもあれば充分です。フェンスの金網をよじ登ることはするので、アース機能を持たせた金網の先にタワー碍子を付けて+のポリ線を一本張るだけで、ハクビシン用電気柵が完成します。


キツネや狸が犬の親戚であるのに対してハクビシンは猫により近い。体重は3キロほどにもなり、立つと80cm位の背丈になるのが、一メートルものフェンスを跳び越したり、地中を掘り進んで進入することはないので、電気柵の高さは一メートルもあれば充分である。フェンスの金網をよじ登ることはするので、アース機能と持たせた金網の先にタワー碍子をつけてプラスのポリ線を一本張るだけで、ハクビシン電気柵が完成する。


電サク(電気柵)の代理店様へ

GC&Cの電機柵を在庫としてお持ちの代理店様に申し上げます。 電サク(電牧機)保管されるさいは必ず内蔵バッテリーを取り外して冷暗な場所に保管してください。 出荷するときには満充電の状態でお客様にご提供ください。