';
side-area-logo

最新型スターリングエンジンと木質バイオマス

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

スターリングエンジンの理想気体における熱効率はカルノーサイクルのそれと同じく img20160316172344863176 である。つまり、高温側の温度が高く、低温側の温度が低いほど熱効率が高くなる。外燃機関であるために熱源を選ばないという特長があるが、同時に 外燃機関であるために高温側の温度を高くしにくく、低温側の温度に熱効率が大きな影響を受ける。そのために低温側の冷熱源に無尽蔵の海水を用いる ことが出来る船舶用として開発が進められた。 潜水艦では1995年、スウェーデンのゴトランド級潜水艦に最初に搭載。現在日本のはるしお型の練習艦あさしおに搭載し試験が行われた。その結 果、実用性が確認され最新の潜水艦そうりゅう型に搭載されることとなり、2009年3月から海上自衛隊で運用されている。Wikipedia より。最近、宇宙実験棟「きぼう」にも採用されたてその存在をましているスターリングエンジンだが、なんといってもバイオマス発電が国策として奨励されだ したことが、スターリングエンジンの活用に火をつけた。スターリングエンジンは燃料の種類を問わないからである。 廃棄は全て燃料となる。そこで GreenT株式会社が着目した物が間伐材を燃やす木質バイオマス、トリジェネ発電所である。取り払われた規制枠いっぱいの10KWを 5つ併せ て他の規制枠いっぱいの50KWに集合された、投資分譲型として今注目されている。


  • 2016 年 1月:10KWマイクロスターリングエンジン発表。
  • 2015年 8月:週刊朝日 バイオマス特集記事。
  • 2015年 10月:オルタナにエコビレッジ。
  • 2014年   :山梨県北杜市大泉町に北杜事務所オープン。
  • 2014年 2月:オルタナ アグリソーラー記事掲載。
  • 2014年 9月:週刊朝日 吉田愛一郎の記事掲載。
  • 2013年 4月:山梨エコジャーナルにアグリソーラーが掲載されました。
  • 2013年 1月21日:北杜市明野財産区の協力により日本一の日照量に恵まれた、日本一高効率のソーラー発電施設の完成。
  • 2012年 7月25日:NHK 首都圏ニュースで特集。
  • 2012年 7月25日:プライバシーステートメントを改正しました。
  • 2012年 5月16日:日刊工業新聞に掲載されました。「太陽光発電事業のオーナー募集-売電収入を還元」
  • 2012年 4月13日:農地転用でソーラー発電。弊社記事が掲載されました。
  • 2012年 1月31日:休耕田を現実的に利用するスモールソーラーシステム3S 発売開始。
  • 2012年 1月11日:ソーラーパネル分譲オーナー制度開始いたしました。
  • 2012年 1月10日:日刊工業新聞へ弊社太陽光発電システムが掲載されました。
  • 2012年   :朝日新聞 農地で発電が掲載されました。
  • 2011年 3月:ソルビスト 農地でソーラー発電掲載。
  • 2011年 10月:オルタナ 吉田愛一郎の特別寄稿掲載。

Greent とバイオマスの出会いから現在まで 

 

 

スターリング機関の規制緩和

 

 

市場予想

 

排熱量と付加価値

 

 

現状のスターリング機関の問題点

 

考え得る3つの対策案

 

循環流式スターリング機関とは

 

 

 

転造フィンチューブ大面積ヒーター

 

工業炉排熱利用

 

 

循環流式スターリング機関

 

 

木質バイオマス燃焼スターリング機関発電