';
side-area-logo

セキュリティ電気柵

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

発電施設の囲いに

ソーラー発電施設には囲いが必要ですが、堅固なフェンスは意外に高価です。そこで登場するのがセキュリティ用電気柵です。セキュリティ用電気柵は小型のソーラー発電機から4000V〜12000Vの高圧電気をパルスで流し、大切な施設を犯罪や動物から守ります。

低圧と低圧の仕切りに

電気柵は発電施設同士の仕切りとしても優れています。低圧契約(50kW未満)の発電施設が集合した大きなソーラー発電所がよくありまが、そこにある低圧施設と低圧施設の間は屏で仕切られていなければならないという規則があります。その屏の総延長はかなりの長さになり、金額もかなりのもとのなってしまいます。そこでGreenTがご提案するのがソーラー電気柵です。グラスファイバーポールとポリワイヤーによる極めて簡素な電気柵は、金網や金属パイプの柵と比べて信じられないほど安価です。コストが10分の1に軽減された例もあります。

image 電気柵を発電所の囲いに

img_5317 通常のフェンス(量が多いと高価)

image img_53172082cc83r83s815b ソーラー電気柵(安価)