';
side-area-logo

太陽光発電

Recommend
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • LinkedIN
Share
Tagged in

Greenish グリニッシュ代表 吉田愛一郎氏が

社会貢献支援財団から表彰されました。

image-3

防獣電気柵がソーラー発電所のセキュリティ柵として使われていますが、もう一つ意外な用途に使われていることをお話しします。
ソーラー発電施設は50KW未満の低圧とそれ以上の高圧とに分かれます。
そのうちの高圧発電所はキュービクルの設置や、技術者を専任するなどやっかいな条件がありまので、50KW以下の低圧を同じ場所にいくつも造る方法を選択する事業者もいます。しかし、低圧の施設をいくつも造る場合には、その一つ一つを柵や屏で仕切らなければなりません。その費用は決して安くはありません。

そこで、その仕切に通常の柵や塀ではなく電気柵を設置する手法が注目されているのです。もともと電気柵は人や動物の出入りを制限する安価な方法として発明されたものであり、その経済性は事業者にとって喜ばしい物です。

末永く付き合うから、いつまでも信頼を。 25年の出力保証を日本で実現。 世界が応援するガンバレ日本。 業務用ソーラー発電システム日ノ本。 3.11からソーラーはもはや家電ではなくなりました。 プロが指定する業務用電気設備日ノ本。 誰でも始められる発電所経営。 土地があって資金が無い方。 資金はあるが発電所に適する土地が無い方。 土地も金も無いが意欲をお持ちの方。 GreenTにご相談ください。

農地・休耕地 太陽光発電

GC&Cの太陽光発電システム「GREENISH Solar」は、農地や休耕地、耕作放棄地などへ太陽光発電システムを設置します。 発電した電力は農業機器の電源や家庭用電源、規模によって(10KW以上)では全量を電力会社へ売電することができます。 循環するエコロジー、エコノミーな農業スタイルを提案します。規模によって(10KW以上)は全量を電力会社へ売電することができます。

image image-1